2017年5月22日投稿
329 views

腰痛対策に高反発マットレスのモットンがおすすめ!

90%以上と高い満足度を誇るモットンですが、実際本当に効果があるのか気になりますよね?モットンが謳っている「体圧分散だから寝ていても負担が少ない」「寝返りを打ちやすい」「高い反発力」とはどういうことなのか、実際に使用している方の意見を取り入れながら説明していきたいと思います。腰痛で悩んでいる方は必見です!
329 views

腰痛対策に高反発マットレスのモットンがおすすめ!

高反発マットレス選びで抑えておきたいポイント

高反発マットレスは本当に良いの?高反発マットレスならどれでも同じなの?実は失敗しない為にも重視しておきたいポイントが幾つかあります。具体的にどういうことなのか、そして最後には全ての項目をクリアしている高反発マットレスも紹介します!

高反発マットレス選びで抑えておきたいポイント

布団の種類には木綿や羊毛、羽毛、低反発ウレタンなどがあり、どれにしようか迷ったことがある人も少なくないでしょう。

中でも高反発マットレスは反発力が高く、腰痛対策にも良いと言われています。

しかし選び方次第では失敗してしまう事も…。そこで同じ高反発マットレスでもポイントをしっかりと抑えておけば失敗することなく満足のいく商品に出会えるはずです。

今回は抑えておきたいポイントと、最後におすすめの高反発マットレスを紹介します。

体にあったものを選ぶ

硬過ぎるマットレスは胸と腰に負担が掛かりやすいですし、逆に柔らか過ぎるマットレスは反発力がないので歪んだ寝姿勢になりがちです。

肩からお尻まで一直線になる歪みのない理想的な寝姿勢をキープするためには、体にぴったりフィットするマットレスを選びましょう。

体圧分散に優れ、丁度いい硬さのマットレスなら自然な寝返りもできるので質の高い睡眠が期待できます。

へたりにくいものを選ぶ

最初どんなに寝心地が良くても、すぐにへたってしまえば寝返りは打ちづらくなり、体圧分散も上手くできなくなります。

マットレスは毎日使用するものですし、出来れば長く使い続けたいと思いますよね。

へたりにくいマットレスを選ぶポイントは、ずばり耐久性です。耐久性がどのくらいあるのか、しっかり試験を行っているのか必ずチェックしておきましょう。

しっかりとした厚みがあるものを選ぶ

ほとんどの高反発マットレスは敷布団やベットマットレスの上に敷くことを想定し作られているので4センチのものが一般的です。

しかしどうせなら、さらに厚みがあるマットレスを選んだほうが敷布団やベットマットレスを使わずに済みますし、新感覚の寝心地を体感することができます。

マットレスの厚みがあることで反発力が増し、寝ている最中も体が歪むことなく理想的な寝姿勢をキープすることができるので、腰痛対策にも繋がるのです。

三つ折ではなく1枚ものを選ぶ

特定の部位が沈まない理想的な寝姿勢をキープするためには三つ折りのマットレスは1枚ものに比べると劣ってしまいます。

押し入れに収納するには三つ折りのほうが便利だと思われがちですが、1枚ものでもしっかり収納できるものもあります。

同じ高反発マットレスでも体圧分散に優れているのは1枚ものですし、収納にも困らないものを選べばかなり納得のいく買い物ができるでしょう。

安全素材を選ぶ

使用されている素材は安全なのか?子供も安心して寝ることができるのか?気になる人も多いと思います。

どんな素材が使われているのかをチェックしたところで、どれが安全なのか、不安要素はないのかを知ることは中々出来ませんよね。

素人でも分かりやすい基準はISO認証取得工場で製造されているかどうかです。

失敗しないマットレスの選び方

どのマットレスを使っても大した違いはない…、と思っていませんか?

ついつい値段重視で安売りのウレタンフォームのマットを購入している、もしくは購入したことがある人も少なくないはずです。

しかし1日の約3/1もの時間を睡眠に費やしていることを考えるとマット選びはもっと慎重にならなくてはいけません。

体に合っているのか、厚みは十分なのかによっては寝姿勢にも影響し、腰痛を引き起こす原因にもなり兼ねません。質の高い睡眠を得るためにも、少々奮発してでも良質な高反発マットレスを選ぶべきです。

高反発マットレスにもいろいろとありますが、今回挙げた項目全てをクリアしているのは腰痛改善にも期待が高いモットンです。

理想的な寝姿勢を保てる反発力、8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性、そしてISO認証取得工場での製造などこだわり抜かれています。

モットンなら今までのマットレスでは体験できなかった満足のいく睡眠を得られるでしょう。

モットンがおすすめなのはこんな人!

腰痛が改善された!と話題の高反発マットレスの“モットン”。でも具体的にどんな人に向いているの?腰痛で悩む人だけに適した商品なのか?それとも他にもおすすめできる人がいるのか?そんな疑問にお答えします。

モットンがおすすめなのはこんな人!

腰痛改善として好評のモットンですが、実はこんな人にもおすすめ!もしかしたらあなただって例外ではないかもしれません。

なぜ、こんな人にもモットンはおすすめなのかを分かりやすく理由付きで解説します。

朝起きると腰や肩、背中が痛い人

腰や肩、背中が痛いという人は使用しているマットレスが硬過ぎるか、もしくは柔らか過ぎるかのどちらかでしょう。

硬過ぎるマットレスは胸と腰に負担が掛かりやすく、筋肉を休ませることができません。

一方、柔らか過ぎるマットレスは反発力がないので体全体が歪んだ状態になってしまいます。

しかし体圧分散に優れたモットンなら肩からお尻まで一直線となり、歪みのない姿勢で寝続けられるので朝起きた時にどこかが痛くなるという心配はありません。

低反発マットレスを使っていて腰が痛む人

低反発マットレスは寝心地の良さから、恐らく多くの人が使用しているマットレスだと思います。

しかし低反発マットレスは他の種類(木綿や羊毛、羽毛など)に比べると寝返りの回数は極端に少なく、腰痛へと発展してしまう可能性を秘めているのです。

腰痛を改善するためには、1度の睡眠で寝返りの回数が多過ぎず少な過ぎない20回~30回が理想的です。

そしてその回数に最も近いのは高反発マットレスのモットンであることが実験で明らかとなっています。

出産後に体の歪みがある人

体の歪みや育児の影響により産後腰痛で悩む人は多いですよね。そんな悩めるママにもモットンはおすすめです。

モットンの最大の特徴とも言える体圧分散は歪みのない理想的な睡眠姿勢を保ってくれるので体の歪みがある人はもちろん、添い乳などで無理な姿勢で寝てしまうことが多いママも体への負担が軽くなり、腰痛対策に繋がります。

またモットンなら自然な寝返りができるようになり、寝ている間に勝手に整体もしてくれるので体の歪みも次第に改善されるでしょう。

立ちっぱなしや座りっぱなしで同じ姿勢が多い人

仕事や普段の生活で立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ姿勢が続く人は腰に掛かる負担が大きく、腰痛になりやすい傾向が見られます。

腰痛を改善するために湿布や痛み止めなどの方法もありますが、これらは一時的な改善策であって根本的な対策には繋がっていませんよね。

重要なのは痛みの原因となっている筋肉の負担を減らし、休ませることで硬くなった筋肉を柔らかくすることです。

モットンは体圧分散に優れているので偏ってしまった血液循環を正常に戻し、筋肉を休ませ柔らかくしてくれます。

つまり寝ている最中に溜まってしまった筋肉の疲労を取ってくれるので、同じ姿勢が多い人にこそ適していると言っていいでしょう。

顔を洗うときに腰を曲げると痛い人

腰痛を患っている人の中で洗顔する時に腰を曲げるのが一番つらい…という人は少なくないでしょう。

そんな人も実は睡眠時の姿勢が原因である可能性が高いのです。睡眠時は歪みがなく、肩からお尻まで一直線になっている姿勢が理想的です。

さらに日中の負担によって溜まった筋肉の疲労は寝返りをすることで休ませることができます。睡眠時の理想的な姿勢、そして筋肉を休ませるのにモットンは適したマットレスと言えるでしょう。

筋肉が落ちてきたと感じている年配の人

睡眠中の寝返りは予想以上にエネルギーを使います。

その為、筋肉が衰えてきた年配の人は寝返りの回数が減り、結果的に腰痛へと発展してしまうケースは少なくないのです。

そんな年配の人にこそモットンの硬さは理想的と言っていいでしょう。

例えば従来の高反発マットレスで寝た場合、1回の寝返りで必要なエネルギーが100だとするならモットンは約80のエネルギーで寝返りすることができます。

だからこそ年配の人でも自然な寝返りができ、睡眠中の寝返りの回数が減るのを防いでくれるのです。

まとめ

寝返りには大きく2つの役割が備わっています。

1つは定期的に寝返りをすることで同じ態勢でいることを防ぎ、筋肉の疲労や血液・リンパ液の循環が悪くなるのを防ぎます。

そして2つ目は歪んでしまった身体の整体です。歪みは腰痛や肩こり、首コリなど様々な不調を招く原因になりますが、寝返りをすることで調整し勝手に整体してくれるのです。

この2つは生活していくうえでとても重要であり、どれほど自然な寝返りが必要であるかが分かってもらえたでしょう。

腰痛が良くなる!?と話題のモットン、その効果は?

90%以上と高い満足度を誇るモットンですが、実際本当に効果があるのか気になりますよね?モットンが謳っている「体圧分散だから寝ていても負担が少ない」「寝返りを打ちやすい」「高い反発力」とはどういうことなのか、実際に使用している方の意見を取り入れながら説明していきたいと思います。腰痛で悩んでいる方は必見です!

病院に行っても治らない腰痛。湿布をしても効果がない痛み。もしかしたら毎日使っている寝具に問題があるのかもしれません。

最近話題になっている高反発マットレスのモットンは腰痛対策に良いと言われていますが、なぜ腰痛に効果があるのか?その理由についてチェックしてみましょう。

体圧分散だから体勢の負担が少ない

モットンの最大の特徴は体圧分散です。

他のマットレスではありがちな肩や腰辺りが沈むといったことがなく、体全体を均等に持ち上げてくれます。

歪みのない理想的な姿勢で睡眠できるから、寝起きもよく腰痛対策にも繋がるのです。

寝返りが打ちやすい

1回の睡眠で人は何回も寝返りをしているということはご存知ですよね。寝返りが少ないと腰痛の原因にもなるので、決して軽視することはできません。

モットンは筋力が弱い日本人でも自然に寝返りができるよう、反発力にこだわり作られました。

その結果、木綿や羽毛、低反発ウレタンなどの布団に比べモットンは一番自然な寝返りをすることができるのです。

体を持ち上げてくれる反発力

寝返りをする時に体を持ち上げるのは中々大変なことだと思いますが、モットンなら他のマットレスに比べ、反発力があるので寝返りしやすいです。

筋力が少ない子供やお年寄りだって自然に寝返りしやすい硬さだと思います。

まとめ

腰痛がある人はマットレスが硬かったり柔らかかったりすることで自然な寝返りが出来ていない可能性があります。

自然な寝返りをサポートするために登場したのが反発力や体圧分散などにこだわり作られた高反発マットレスのモットンです。

モットンを使用することで腰痛の軽減や睡眠の質が上がり、寝起きが良くなり爽やかな朝を迎えることができるようになったと高い評価を得ています。

満足度が高くても合う合わないはやはりあるかもと心配な人でも返品できる

満足度94.2%とかなり高い割合を占めているモットンでも、人によっては合う合わないは必ずあるものです。

さらに決して安い買い物ではないので、もし合わなかったどうしよう…という不安があるかと思います。

しかし、90日間返金保証もあるのでまずはそちらをチェックしてみてはいかがでしょう。

他の高反発マットレスと比べてみてなぜモットンを選んだのか?その理由は?

高反発マットレスはいろいろとあるけれど、その中でモットンが選ばれるのは何故?返品保証制度や価格帯は他のマットレスと比べてどうなのか?寿命が長く、カビの心配が要らないところはモットンを選ぶポイントになるのかを調べました!

他の高反発マットレスと比べてみてどうしてモットンを選んだのか?その理由は?

高反発マットレスは種類が豊富でどれを選んだらいいのか分からない!どこを重視して選べば失敗しないの?こんな疑問を抱えている人は少なくないはずです。

今回は数ある高反発マットレスの中でも人気が高いモットンと、他のマットレス商品を4つのポイントで比較しながら選ばれる理由を探っていきたいと思います。

ただ単に口コミや評判が良いから選ばれるだけじゃないモットンの魅力とは!?これを知れば、きっと試してみたくなるでしょう。

返品保証制度があるから

どんなに口コミや評判が良いマットレスでも、100人中100人が満足するとは限りません!

少数でも満足できなかった人がいる限り、実際に試してみるまでは信用しないほうが良いでしょう。

モットンの良いところは、リスクなしで試すことができる返品保証制度があるところです。

しかもその期間は長く、90日間試せるので自分に合っているかどうかをじっくり吟味することができます。

他のメーカーではクーリングオフの期間である商品到着後8日以内と定めているところが多く、良心的なところでも60日間ほどの保証期間となっています。

その中で90日間試せるのはモットンだけなので、マットレス選びで失敗したくない人にもお勧めです。

ただ、期間が長くても汚れていたりしたら返品対象外になるのでは…?と思った人も多いでしょう。

しかし安心してください。なんと、モットンはどんな状態でも(故意に破壊以外)返品受付可能!!マットレスでありがちな子供のオネショやヨダレ痕があっても関係ないので、返品依頼を断られるというケースはほとんどありません。

購入しやすい価格帯だった

今や人気の高反発マットレスですが、価格が高く10万円ぐらいするものもざらにあります。

高反発マットレスが良いものだという事は分かっていても、やはりマットレスに10万円使うのは抵抗を感じてしまいますよね。

そんな中、モットンはシングルサイズが59,800円(税込)!さらにここから2万円引きとなり、39,800円(税込)で購入することが出来ます。

セミダブルサイズ、ダブルサイズもそれぞれ2万円引きとなり、セミダブルサイズは49,800円(税込)、ダブルサイズに至っては59,800円(税込)となっています。

マットレスの価格にしては高額に感じるかもしれませんが、良質な高反発マットレスだということを忘れてはいけません。このくらいの価格で販売されているのはかなり良心的と言えるでしょう。

モットンは寿命が約10年と長い

通常、敷き布団の寿命は5年と言われています。

しかしモットンは8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性が備わっているので他の布団よりもずっと長持ちすることが実証されています。

実際に1回の睡眠で20回寝返りをした場合を想定した結果、約11年使用続けたとしても3.9%しかへたれないことが分かっています。

寿命が長いので買い替える機会も少なく済み、結果的にコスパも優れていることになります。

通気性がいいからカビが怖くない!

敷布団の通気性が悪いと寝汗が湿度を上げてムレを感じさせてしまいます。

このムレもまた睡眠の妨げになるので、マットレスを選ぶ際は通気性の良さも考慮しておかなければいけません。

その点モットンは抜群の通気性を持っているので冬場はもちろん、汗をかきやすい夏場でも湿気がこもらず快適な寝心地を体感することができます。

週に1回程度、立てかけておくだけで放湿し、底面の湿気がよく乾燥します。立てかける際もモットンなら軽いので、女性1人でも楽々です。

さらに羊毛や羽毛、木綿とは違いダニや害虫が発生したり棲みついたりすることはなく、ホコリも出ないのでアレルギー持ちの人にもおすすめです。

もし汚れたとしてもカバーは取り外し可能になっているので、清潔に保つことができます。

安心安全に優れ、コスパが良いのはモットンの強み!

一見、高額に思われがちなモットンですが、長い目で見ると決してそんなことはありません。

質の良い高反発マットレスなうえに、小さなお子様やアレルギー持ちの人でも安心して使える衛生面の高さ。

さらに耐久性に優れているので、安いマットレスのように何度も買い替える手間が省け、最終的にはモットンのほうが安く収まっている場合も…!?

返品保証も充実しているので、まずは自分に合っているかどうかを見極める為に気軽に試してみてはいかがですか?

モットンは添い寝もOK!赤ちゃんや子供も一緒に寝られる理由を調査!

赤ちゃんや子供と添い寝をするのに適しているマットレスは?窒息の心配はないの?安全性に関しては信用できる?防ダニや防塵効果でアレルギー対策ができるって本当?こんな疑問にお答えします!

モットンは添い寝もOK!赤ちゃんや子供も一緒に寝られる理由を調査!

産後腰痛で悩んでいる産後ママにもおすすめしたいモットン。

でもいつも添い寝だし・・・。赤ちゃんと一緒に寝ても大丈夫なのか心配ですよね?

そこで赤ちゃんや小さなお子さんと添い寝しても大丈夫なのか調べてみました!

窒息の心配はない?!

赤ちゃんと添い寝をしているママって結構多いと思います。

添い乳の時もラクだし、赤ちゃん自身1人では寝てくれないのでベビー布団ではなく一緒の布団で寝ている…という話はよく聞きます。

しかし添い寝をするうえで心配なのはやはり窒息死ですよね。大人の布団はベビー布団に比べると顔が沈みやすいので、もしうつ伏せで寝たりしたら窒息してしまう危険があります。

しかしモットンなら高反発マットレスなので顔が沈まず、窒息する心配がないので安心して添い寝をすることができます。

匂いや素材が心配!安全なの?!

以前、モットンを購入した方の中に「商品到着時のウレタンフォームのにおいが気になる…」という問い合わせを受けて現在では炭の脱臭剤を追加して発送しています。

それでもにおいが気になる場合は、カバーが取り外し可能となっているので洗濯すればすぐに気にならなくなるでしょう。

また素材に関しても通気性が良く、蒸れにくく、防ダニや防塵の効果があるマットレス使用しているので安心して使用することができます。

アレルギーが心配!防ダニ、防塵効果は?

最近ではハウスダストやダニなどのアレルギー持ちのお子さんが増えていますよね。

モットンはそんなアレルギー持ちのお子さんにも安心して使ってもらえるウレタンフォームで作られています。

ウレタンフォームは木綿や羊毛、羽毛とは違い、ダニの発生や害虫が住みつく心配がなく、ホコリも出さないので赤ちゃんにも優しく安心です。

さらにカバーは取り外し可能なので、清潔に保つことが出来ます。

3人で寝たら狭くない?サイズはあるの?

モットンはシングル、セミダブル、ダブルの3つサイズがあります。

3人で寝るなら幅140㎝のダブルサイズがおすすめです。窮屈感はなく、ある程度お子さんが大きくなっても使える大きさとなっています。

添い寝のほうが赤ちゃんや子供に良い?!

よく「添い寝は危ない」なんて言われていますが、それは使用するマットレスによります。

モットンなら安全性が高く窒息する心配がないので、添い寝に魅力を感じつつも不安を抱いているママも安心して使うことができます。

さらに骨が柔らかい赤ちゃんにとっても高反発マットレスのモットンは適度の硬さで、力の弱い子供でも寝返りしやすい反発力となっています。

腰痛も改善される可能性が高いのでおすすめです。

ライター : magcchi


PAGE TOP