2017年4月20日投稿
669 views

豆乳で美と健康が手に入る?女性ホルモンを増やすコツとは?

豆乳が今美容と健康に良いと大注目されています。 昔からある豆乳ですが、ただ飲むだけではなく色んな食べ方や使い方で賢く手軽に美しく健康になれるのです。 また、女性ホルモン増加も見込めるので女性におすすめなんです。
669 views

豆乳で美と健康が手に入る?女性ホルモンを増やすコツとは?

1 豆乳は女性ホルモンの宝庫?

女性ホルモンは私たち女性の美と健康に無くてはならないホルモンです。そんな女性ホルモンの量を増やすには豆乳を飲む事が最適なのはご存知でしたか?

豆乳の原料はご存知のとおり大豆ですが、この大豆の中にはイソフラボンと言う成分が多く含まれています。

近年ではだいぶ色んなメディアで紹介もされ、周知されてきていますが、イソフラボンは女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と似た構造で、これが女性ホルモンと同じ働きをしてくれます。

そのため、なんらかの要因でエストロゲンの分泌が減った時に豆乳を飲んでいると、その働きを助長してくれるので、とても優秀な飲み物なんです。

エストロゲンの働きを助長してくれるイソフラボンは主に豆類に含まれています。身近なものだと豆腐やおからなど手軽に購入できるものばかりです。

その中でも豆乳がおすすめなのは、食べるよりも飲む方が手軽である事と、最近では色んなフレーバーがでてきているので、飽きがこないのと大豆独特の臭いが不得意な人も気にならずに飲めるのが理由です。ちなみに飲む量は1日200ml(コップ1杯)で十分です。

1-1 エストロゲンは女性には必要!

エストロゲンは女性にとって絶対に必要な成分です。もしもあなたがいくつになっても健康的で綺麗で居たいと思っているのならば尚更エストロゲンは必要な成分と言えるでしょう。

エストロゲンには下記のようなことに対して効果があると言われています。

・美しい肌を作る
・声を高くハリのあるものにする
・美しく豊かな髪の毛を作る
・バストアップ

一言でいうと女性らしさを作る成分といえます。 女性ホルモンの1つである「エストロゲン」はある年齢を過ぎると減少してしまいますが、豆乳でイソフラボンを積極的に摂っていく事で意図的に増加させる事も可能です。

まだ自分はそんな歳じゃないからと思っていても要注意です。 年齢に関係なく過度のストレスが続いたり生活習慣が乱れているとエストロゲンは簡単に減少し、生理不順や肌荒れ、抜け毛、便秘など様々な不調が身体に出てきます。

1‐2 豆乳以外の女性ホルモン(エストロゲン)の増やし方

豆乳などの大豆製品を積極的に摂ってエストロゲンを増やすと言うのも一つのやり方ですが、それ以外にも女性ホルモンであるエストロゲンが増加させる事が出来ます。とても簡単で「そんな事で!?」と思われるかもしれませんが、とても効果的なエストロゲン増加方なのです。

アロマテラピー
あなたの好きな香りや良い香りを嗅ぐことで脳が刺激されて女性ホルモンエストロゲンも一緒に分泌されます。リラックス効果やリフレッシュ効果も有るのでストレスも一緒に発散されます。

お花の香りはもちろん、おいしそうな料理の香り、好きな香りならば何でも良いのです。食事の際に香りを嗅ぎながら食べると言うやり方でも女性ホルモンは刺激されるので、日常生活の中で簡単に行えるのではないでしょうか?

趣味に没頭する
趣味や生きがいの有る人は歳を取っても若々しくてはつらつとしています。無趣味状態と言うのはそれだけ脳に対して何の刺激も無い状態の事なのでもちろん女性ホルモンエストロゲンの働きも鈍ります。

もうすでに趣味を持っている方ならばそれに没頭したり楽しんだりするのも良いですし、新たな趣味を探すと言うのも良いのです。特に新しい事、やった事が無い事をすると言うのは脳がとても刺激されて女性ホルモンも活発に分泌されるのです。

感動する
日常生活の中で涙を流す程感動すると言う出来事はそうそう無いかもしれません。しかし、これはドラマや映画、小説などで感動するのでも同じ事なのです。もちろん漫画やアニメでも効果は同じなので、悲しい恋の話や興奮できる冒険話などで感動したりドキドキする事で女性ホルモンを刺激します。

逆に、何の感動も無い無感動状態が続くと脳の働きそのものが鈍り女性ホルモンも分泌される事は有りません。何より無感動状態なんて毎日がつまらないので作り話や空想上でも良いので感動を探すようにしましょう。

1-3 更年期障害とエストロゲン

多くの女性を悩ませている更年期障害、これも女性ホルモンエストロゲンが深く関係しています。一言でいうと更年期障害とはエストロゲンが不足する事で身体が驚いてしまっている状態なのです。

40代半ばまでは女性ホルモンが身体中に有ったのに、更年期障害の年代になり一気に減少してしまう為、今まで有ったホルモンや成分が無くなった事で身体が今まで通りの様な働きが出来なくなっているのです。

のぼせたり、気分が落ち込んだり、怒りっぽくなったり意味も無くイライラしたり、更年期障害は心身共に辛いものです。人によってはとても重症化し日常生活が困難になる人も居るくらいです。

こうなってしまっては美容と健康を維持するのも難しい状態ですが、エストロゲンが減少しているのであれば意図的にエストロゲンを増やすしかありません。そこでおすすめしたいのが豆乳などの大豆製品なのです。

大豆の中のイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれるので減少した分を補ってくれるのです。もっと効率良くイソフラボンを摂り入れたいのであれば、サプリメントなどを活用するのも良いでしょう。

この更年期障害対策のサプリメントも多くは大豆から抽出したイソフラボンが原料になっている事が多いので、いかに大豆や豆乳が女性ホルモン増加に効果的なのかが伺えます。

更年期障害に苦しんでいる方はまず豆乳などの大豆製品を摂ったりする事から始めると美容と健康を取り戻せる近道になるのではないでしょうか?

また、若い女性も今から大豆や豆乳でイソフラボンを摂り女性ホルモンを満たした状態にしておくことでいざ更年期障害になった時にその症状が軽減、緩和されると言う事が有ります。

2 豆乳以外から摂れる女性ホルモン

豆乳や大豆製品以外でも女性ホルモンは意図的に増やすことが出来ます。病院やクリニックで女性ホルモンを注射してもらうと言うのが一番手っ取り早く効率の良い方法と言えます。

もちろんこれにはきちんと医師の診察やカウンセリングをして行う必要が有るので全ての方におすすめしたい方法という訳ではありません。しかし、更年期障害の症状が重くて仕方がないと言う様な方にはおすすめできるやり方です。

今まで女性ホルモンを意図的に増加させるには豆乳が良いと言う風に述べてきましたが、脳の動きを刺激すると言うのも女性ホルモンを増加させる事に有効です。

その中で一番女性ホルモンが多く出る事、それが【恋愛】です。

恋をすると女は綺麗になると言うのはウソではありません。例えば、もう何年も交尾との居なかった女性が最近変わった、綺麗になった、と思ったら恋人が出来ていた。と言うのも女性ホルモンが多く出ている証拠なのです。

もう結婚して何年も経つと言う方でもこの方法は有効で、ご主人とスキンシップをする、手をつなぐ、ハグをするなどするだけでも結構です。わざと2人別々に家を出て待ち合わせをすると言う恋人同士に戻ったような演出でデートをするのも良いものです。

また、芸能人やアイドルに恋をすると言うのも同じように女性ホルモンが多く分泌されます。

女性ホルモンを増やしたいけれどわざわざ病院やクリニックで女性ホルモン注射してもらうと言う事に抵抗を感じる方はこの恋愛という方法で美容と健康をゲットしてみてはいかがでしょうか?

難しく考えなくても上記に有るようにカッコいい、イケメンの俳優にときめくなんて言うやり方でもOKなのでとにかく異性に興味を持つ事が自分を女性だと認識させる一番良い方法だと言う事を忘れないでください。

3 女性必見!習慣プラス豆乳でいつまでも美しく

豆乳が女性ホルモンであるエストロゲンを増加させる効果が有る事は立証済みですが、豆乳にプラスしてこれらの行動を行うと、美容と健康効果は倍増します。習慣として良いとされる事をしていると今まで感じていた身体の不調が緩和、軽減される事も見込めますので、是非実践してみて下さい。

しかしどれも特別な難しい事、特別な道具や器具が必要なものではなく普段の生活の中で少し心がけるだけで行えてしまえます。美容と健康を増進させて輝く女性を目指しましょう!

3-1 運動は全てを良い方向へ持って行きます

運動と言ってもフルマラソンなどのハードなものではなく、ストレッチやヨガ、ウォーキングなど軽いもので十分です。

運動と言うよりも強張った体を柔軟にほぐすと言う風に考えると良いかもしれません。運動をして身体がほぐれて全身の血のめぐりが良くなると同時に脳も刺激されて女性ホルモンも分泌されます。その他にも肩こりや冷え、むくみ、便秘解消など女性にとって嬉しい効果が運動には盛りだくさんです。

ダイエットはもちろんですが大豆や豆乳でイソフラボンを摂りつつ、身体も適度に動かしているととても女性の美容と健康にとって嬉しい効果が見られます。

3-2 リラックスして無になりましょう

今日は嫌な事が有った、仕事や家事に追われてイライラ、何だか憂鬱な気分…。これらをすべてリセットするために【無】の時間を作りましょう。この時間は心配事も明日の予定も何も考えないのです。

例えば、寝る前は部屋の照明を落として静かな音楽を聴くなども一つの方法です。出来るだけ就寝前は興奮したり気持ちを荒立てたり光を見る事を避けた方がリラックスも出来ますし、無の状態も作りやすくなります。

この様に1日のストレスなどをリセットする事がストレスを溜めない一番の方法なので、その分女性ホルモンの働きも順調に活性化します。

3-3 夜更かし、ダラダラ寝は厳禁!

出来るだけ、夜寝る時間と朝起きる時間は毎日同じ時間を心がけましょう。眠りのリズムが整うと身体や脳の動きも整うので女性ホルモン分泌も正常化します。

いつも仕事で眠るのは深夜、休みの日は昼過ぎまで寝ている…。そんな生活ではせっかく摂ったイソフラボンの効果も半減してしまいます。

適度に昼寝をするなどは構いませんが日中ずっと寝っぱなしなどは避けた方が良いでしょう。身体に不調を感じている方はまず基本的な睡眠を見直してみてはいかがですか?

3-4 イライラ、グッタリしたら深呼吸を

現代社会はストレスと無縁という訳にはいかないのが現状です。もちろんストレスは美容と健康の大敵、そして女性ホルモンの正常な動きの妨げとなります。

イライラしたり疲れている時と言うのはどうしても呼吸が早く浅くなりがちですが、ここで一つ深呼吸をしてわざと呼吸をゆっくり、深いものにするように心がけてみて下さい。そうする事で神経が安定化してイライラも緩和されて、終いには何で怒ってたんだっけ?と言う風になる事でしょう。

深い呼吸、ゆっくりな呼吸と言うのは精神的にもとても良い事なので意識して行いたいものです。これが浅く早い呼吸ばかりになると神経が乱れて女性ホルモンの分泌も正常に行われなくなりやがては減少してしまいます。

豆乳や大豆製品を摂っているのならばこの様な事を習慣化するともっとイソフラボンの効果は高まり、女性の美容と健康づくりには良い身体へと変化していく事だともいます。

4 豆乳で更に綺麗になりましょう

豆乳が女性の美容と健康にはとても良いものだと言う事がお分かり頂けたかと思いますが、ただ飲むだけではもったいないかもしれません。

何と、豆乳でローションを作ればムダ毛の少ないスベスベのしっとりしたお肌が手に入るのです。とことん女性の美容と健康飲み方である豆乳をフル活用しましょう。

豆乳脱毛ローションは市販されている訳ではありません。自分で作るのです。一見すると面倒くさいと思うかもしれませんが、保存料や添加物の入っていない非常にお肌に優しいローションを低価格で作ることが出来るのでおすすめです。

材料
無調整豆乳 500ml
レモン 2個
消毒用エタノール 60ml

たったのこれだけです。この時の豆乳は無調整の物を選ぶように注意しましょう。では、作り方の説明をしますが、作り方と言ってもとても簡単なものなのですぐにできてしまいます。

1 レモンを絞る
2 豆乳を鍋にいれて沸騰しないように温める
3 豆乳が約60度になった所で先ほどのレモンの絞り汁を加える。
4 必ず火を消してから書毒用エタノールを加える。(火を付けたままだと引火して火災の恐れがあります)
5 キッチンペーパーを2枚敷いて裏ごします。カスは捨ててしまいましょう。
6 完成!

このローションは冷蔵庫に入れておけば約1週間は使えますので、定期的に作る必要は有りますが、時間としてはとても短時間で作れます。このローションを使っていると、お肌がスベスベになるだけではなく、気になるムダ毛を薄くさせる効果が望めるのです。

脇や脚など気になる部分のムダ毛が薄くなり、しかも消臭効果も望めるこの豆乳ローション、今までのローションに満足できない方は一度試してみてはいかがでしょうか?

費用も低価格で作れると言うのも嬉しいポイントなので、長続きすると思います。高価なローションや化粧水はどうしても継続するのが難しいものです。

まとめ

いかがでしたか?豆乳や大豆製品と女性ホルモンの関係がお分かり頂けたかと思います。しかし、女性ホルモンエストロゲンは豆乳さえ飲んでいれば増えるというものではありません。

規則正しい生活に精神面も安定している必要が有るのです。もちろん体も健康な状態でなければ美しく健康であるとは言えないのです。豆乳はその手助けをしてくれる力強いサポーターだと言う風に考えて下さい。

何だか最近不調、パッとしない、と言う方は女性ホルモンの分泌が乱れているのかもしません。一度自身の身体や体調とじっくり向き合ってみるのも必要なのではないでしょうか?

ライター : ohina
顔を美顔器でコロコロするのがクセ担っているほど美容を気にする主婦です。


PAGE TOP